バブル時代の借金

バブル時代の借金

バブル時代を経験したせいか、自分とは経済感覚がずれている年上彼女ができたとき、金遣いの粗い彼女の心を引き留めておくために何でもかんでもプレゼントし過ぎて現金が底をつき、消費者金融に手を出してしまいました。
旅先で大量の現金を入れていた長財布を紛失してしまったために、自宅まで帰るための旅費を工面するのに新たにお金を調達する必要があったため、仕方なく所持していた身分証や印鑑でお金を借りられる消費者金融のお世話になった。

 

一時、ギャンブル(パチンコ)にはまって、あまり深く考えずに、借りてしまったことがあった。しかし今はギャンブルは一切しないと決めたので、消費者金融もまったく利用していない。

 

ストレス発散や小遣い欲しさにやり始めたギャンブル(パチンコ)にはまり、所持金が足りなくなったら「借りて増やせば問題ない」が頭の中で巡り、ギャンブルで負けは借金を繰り返しました。築いた時には500万に膨れ上がった借金に頭を抱え自殺まで考えましたが、死ぬ度胸もなく借金をどうにかしたい気持ちをネットで知った司法書士さんに相談しました。話の流れで債務整理が無難だということで弁護士を紹介して頂き、債務整理手続きを行い。借金を繰り返すことはなくなりました。

 

私は、クレジットカードを使ったショッピングを楽しんでいたのですが、知らず知らずのうちに利用額や利息がかさんでしまい、いつしか地元の消費者金融で融資を受けるようになりました。

 

田舎の地域から東京の会社に転職してから遊びや洋服代などがかさむようになりました。クレジットカードの引落のせいで家賃が足りなくなったのをきっかけに初めてカードローンを申し込み、極度枠ギリギリまで使っては他のカード会社でローンを組むことをしていました。毎月の返済が苦しくなったところで親に相談し、親にお金を借りていったん借金を全額返済しました。次にもしローンを組むならきちんと調べて低利率なものを組みたいと思っています。