手渡しでの借金返済の注意点

手渡しでの借金返済の注意点

借金の返済をする時に消費者金融の会社などへの場合は、振込をすることが多いです。もちろん会社に手渡しで返済するという場合もあります。手渡しの場合は、目の前で現金のやりとりが見ることができるので、安心と言えば安心なのですが、注意しなければならないことがあります。

 

それは、返済した人の目の前でお金の勘定をしなければならないということです。これは、返済した人が正しい金額で返済したかという確認にもなります。お金の勘定もしないで、借金の借用書を借りた人に渡した場合は、正しい金額を返済してもらったということになってしまいます。後で、お金が足りなかったと言っても、通用しなくなります。借用書という言葉を使いましたが、借金をする場合は、必ず取り交わさなければならない書類です。

 

借用書がない場合は、いくら貸したか借りたかというのが当事者同士でしかわからないため、後でトラブルになることがあります。貸した方が借りた方に金額をごまかされても、証拠がないので、言った言わないの水掛け論になってしまいます。借金のやりとりの時は、借用書を必ず取り交わして、手渡しでの返済の時は必ず、返済した人の目の前で勘定するということは徹底しなければなりません。

 

簡単に出来る様になった借金

今の時代お金を貸す審査も緩く簡単に借金ができます。お金が短になった分勉強が必要かと思います。今月使いすぎたから借りよう。こういう思考パターンだからお金が減り借金が増えますインターネットの普及で借金もしやすくなりましたが同時にお金を稼ぐ事も短になりました。使いすぎた分は余分に稼ごう。自分の身の丈を知り、来月はどう動くべきが自分の見直しをしっかりやれば借金は減り貯蓄が増えます。
(21才/男性/正社員)

 

いい勉強になります

大人になっても、わからないことや、わかりたくないことがあります。それに男なら、いいところを見せたいという気持ちも共感します。今回は、縁が切れて良かったです。これも、一つの人生勉強と捉えてこれからはまず返済をするために頑張って下さい。少し高い授業料になりましたが、これでお金への認識が変わります。
(36才/男性/正社員)

 

お金に困ったらすぐローンを頼るのはやめましょう

お金に困ったからといってローンで借金が簡単にできてしまう時代ですので、キャバクラでいい顔をしたいからと借金してしまうのはその時はよくても後からトラブルを招く行動であることが冷静に判断できかねる状況だったのかもしれません。ローンで借金ができるからこそ、トラブルを招くこともあるので、ローンは金利が高いことをまず冷静に判断することが大切になります。(富山県/35才/女性)

 

人生は甘くないです

 

もしも、これが自分の家族なら本当に呆れます。借金をした理由も、人にお金を貸すためがキッカケなんて考えられません。自分のお金がないのなら、断るというのが普通の考えです。ただ、縁が切れたのはラッキーなことですこれ以上借金が増えないからです。これからは、自分のお金ならどう使うことも自由ですが、借金をしてまでは止めて欲しいです。
(42才/女性/アルバイト)